みなさん、おはこんばんにちは

便利屋銀さんです

今回のお仕事事例は

ストーブの芯の交換です

お客さんからご連絡があり、ストーブ

を使っていて、スピード消化ボタンを

押しても、微妙に消化が出来ていない

状態で、ストーブを使うのが怖いと

どうすれば、良いのかっとご連絡を

頂きました

多分、芯が固くなり、微妙に下がり切って

居ないのでしょうね

何故、そうなるのか?

普通に、ストーブを使っていても、芯は

消耗品なので、ある程度使用したら交換は

しないと、駄目なのですが…

こうなった原因は多分、空焚き状態

が原因でしょうね

話しは、逸れましたが、お客さんに

芯を変える事をお勧めした所

芯を変えて欲しいと依頼を受けましたので

やって来ました

ストーブをお預かりし、芯を変える為に

ストーブをバラシて行きます

やはり古い芯を取り外すと、火が点く

所が、カチコチになってます…

取付も、無事終了

点火・消化無事に上手く行きました

これで安心して

使えますね