タイトルの通り人身事故と物損事故の違いを載せたいと

思います。

人身事故の場合

車両破損、搭乗者のケガ等が有る場合は人身事故になります

民事責任あり、刑事責任あり、免許の原点、保険の等級ダウン

事故証明出ます(警察)

物損事故の場合

お互いケガが無く、お互いの乗り物や事故で破損した物

の保障をする事で同意した時が物損事故になります

民事責任あり、刑事責任なし、免許の原点無し

事故証明出ない(警察)

人身事故と物損事故で行くと、物損事故の場合の方が

リスクは少なく感じますよね

では物損事故から後日、首が痛いだの症状が出た場合

人身事故に変える事は可能か

可能です

当然、人身に替える場合の届けは、早ければ早いほど

良いです。

何故なら、1カ月2カ月経ってから、首が痛い、ととか言い

だしても、因果関係を立証するのが難しくなるからです

では、物損事故で人身にならずに、ケガ等を保障してく

れる場合が有るのか?

有ります

自身の保険に、傷害保険に加入していれば

人身事故にしなくても、物損事故で自身のケガ等を保障

して貰えます。

Q.物損で傷害保険が出る請求先は?

請求先は、被害者・加害者に関わらず相手の自賠責保険

に請求が行きます

Q.事故証明は?

自身の保険会社が、事故調査機関に連絡し書類を作成して

くれます

っと言うわけで、内容によっては、物損でもケガ等の保障を

受ける事は可能です

*あくまで、銀さん個人の経験からのお話です。

状況内容によっては対応してくれない事も有ります。